口・のどの病気

ジフテリアを患った方の体験談

男性
男性
子供の頃ジフテリアを患いました。やはりジフテリアを患った家族のくしゃみから感染してしまったようです。まず症状の特徴は血が混ざった鼻水が出る事です。更に高熱が続き、咳が明らかに通常と違い、動物が吠えるような感じなのです。
更に首がもっこりとかなりはれ上がり、のどに違和感を感じ呼吸も苦しくなります。
即入院しました。治療は内科にて抗毒素の注射をして、ジフテリア菌に一定の効き目がある抗生物質での治療をしました。しました。入院後二週間ほど経過するとかなり首の腫れもおさまり、咳もあまりでなくなりました。
何といってもこの病気は予防が一番重要です。きちんとワクチンを接種すればかなり防げます。また家族が発症した場合はすぐにきちんと隔離して全員マスクをしてください。
男性
男性
昨年の2月に単発のライブイベントのアルバイトをしていて、終わった翌々日から喉の調子が悪くなりました。最初は久しぶりに多人数が密集した場所に長時間いたことと、冬でしたから風邪をひいたのだと思いました。私は風邪になりにくい体質であり、なったとしても睡眠と栄養をしっかり補給すれば3日程で完治しますが、今回は1週間程経っても良くなるどころか、発熱や倦怠感が起き悪化しましたので病院に受診しに行きました。結果はジフテリアということで即入院となりました。小学生時代に三種混合ワクチン(DPTワクチン:ジフテリア、百日咳、破傷風)を受けていましたが、それから10年以上経過していて接種後の抗体価持続期間は約10年だそうです。当時仕事とプライベートが忙しく、睡眠不足が続き免疫力が低下していたのでジフテリアに感染し症状が現れました。医師の話によれば感染しても10%程度の人に発症し、それ以外は不顕性感染となるそうです。入院してから2週間抗菌薬を投与し、ジフテリア菌が死滅したことが確認され20日後に退院しました。私は20代で入院中しっかりと安静にして睡眠時間を確保できたため回復が早かったそうです。ジフテリアは予防が一番大事なそうなので、これからは10年以内に必ずワクチンの予防接種を受けようと思います。
女性
女性
私はジフテリア感染病にかかりました。現在はすっかり治りましたけれども、当時は風邪かなぁと思い病院に行って風邪薬をもらおうと思いましたがジフテリアに感染してると言う事でした。ジフテリアと言うのは顔全体が腫れて手足なども晴れる感染病です。私は手足は晴れませんでしたが顔がすごかったです。おたふく風邪のようになってしまいました。以前に風船おばさんと言う方がいたのですがあのような状態です。私は治るまでずっと家の中にいました。でもお薬を飲んで安静にしていましたらだんだんふくらみが減って元の状態に戻ってきました。こんなに膨らんで破裂してしまうんじゃないかと思う位膨らみはすごかったです。目も膨らんで見えづらくなってしまった程でした。
女性
女性
親によれば、急に高熱がでて病院に行ってわかったとのことで、理由は予防接種が抜けてしまっていたためだったみたいです。
幸いクスリが効いて後遺症もなく快復できましたが、命に関わるケースも十分にある病気ということでかなりお医者さんに怒られたみたいです。
おかげでその後は予防接種はかなり計画的にしてくれたみたいで他の大病は患わずに成長できました。
身をもって予防接種の大切さを感じることができ、私自身も親になって娘の予防接種についてはきちんと計画を立てて実施するようになりました。
予防接種で回避できる病気である以上、親の責任で自分の娘は守ってあげないといけないと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です