皮膚の病気

多汗症になったことのある方の体験談



男性
男性
小学校低学年の頃には自分は他の人と汗をかく量が違う事を自覚していました。
体全体多汗症なので思春期には友達とゲームのコントローラーの交換や野球のグローブ、体育館で裸足になる事も苦痛でした。

仕事をしてからネットに触れ始め、多汗症は手術で治せる事を知りました。
しかし術後のリスクを考えると今現在手術を受ける決心がつきません。
塩化アルミニウム液で自己治療も行いましたが期待していた程効果はありませんでした。

なので数年に一回のペースで手のひらのボトックス注射を打ちに行っています。
多少高額ですが期待以上の効果に驚かされました。
結婚して子供も生まれ、手を繋いで散歩をしたり何気ない毎日を送れる事はとても幸せに感じます。

女性
女性
小さい頃から汗かきでした。特に手や後頭部などにも汗をかくので、自分ではこういう体質なのかと思っていました。
ニキビの治療に行った皮膚科で、待合室に多汗症のポスターが貼ってあり、それをきっかけに多汗症の事を知りました。

ネットで調べてみると、自分に当てはまる事が多くてびっくりしました。
かかりつけの先生に相談をしてみました。相談してみると、自分の場合は、緊張やストレスを感じると極端に汗が増える傾向にある事が分かったので、まずは生活を改善する事から始めました。なるべくストレスを溜めない
ようにしたり、緊張を和らげる方法をやってみました。

それに加えて制汗剤のように塗る薬でかなり改善できています。
夏はまだわかりませんが、冬の汗の量や手のべとつきからは解放されました。

男性
男性
私は、現在まで多汗症に悩まされてきました。
人より汗をかく体質だと自覚したのは、高校生位の頃です。
高校生になるとヘアスタイルを気にするようになりますが、いつもセットが崩れている。

それもそのはず、人一倍汗をかくので、暑くもない季節に少し動いただけで頭部から汗が伝ってくるからです。
少し動く、というのは、ほんの2~3分間歩く速度を上げただけでそうなります。
汗や皮脂で、いつも頭髪は湿っぽく、ずっとそれを気にしてきました。

また、わきや背中の汗・足汗も尋常ではなく、これも少し動いただけで、背中に汗がだらだらと伝う感触を感じるほど流れてくるのです。
ですから、いつも自分が「汗臭い」気がして、人一倍(制汗剤選びなどの)ケアをしてきました。
それは、今現在でも同じです。

社会人になってからスーツ姿で出勤しておりますが、多汗症はビジネススタイルの天敵です。
ビジネススタイルに必要なのは「清潔感」ですが、私はその清潔感に程遠い人間なのだ、と自覚せざるを得ません。

頭髪は汗で濡れてうねっている場合も多く、ジャケットを脱いでシャツ姿になれば汗で透け、革靴の中はいつも蒸れている。
私は、いまだに多汗症に悩まされております。

サプリなども数種類試してきましたが、ほんの気休め程度にしかなりませんでした。
誰か、多汗症を治す方法があれば教えて欲しいです。

女性
女性
小学校の頃より、授業中のノートやプリント、テスト用紙が湿る事があり、手によく汗をかくなと思っていました。
また、高校生になると制服の脇が湿ったり、足の匂いが気になるようになりました。

その頃はスプレータイプの制汗剤をこまめに使ったり、上履きをよく洗うなどしてなんとかやり過ごしていました。
その後アパレル企業で販売員の仕事をするようになり、人からどう見えるかもとても気になるようになりました。

グレーやカーキなど汗が目立つような色の服を避け、汗で滑る為ヒールの高い靴は履けず、ファッションをあまり楽しめませんでした。
その頃に自身は手・足・脇の多汗症であると認識しました。夏は休憩毎に脇に制汗剤を塗り、手足を制汗シートで拭き、冬は脇汗パッドを貼り替えるなどして過ごしていました。

その後脇に関しては色々な制汗剤を試し、最終的に海外製の制汗剤を使う事で悩みが軽減されました。
もちろん汗はかきますが、それを塗る事で多少の汗なら大丈夫という安心感ができたことも大きいかと思います。

価格は市販のスプレータイプなどに比べて割高ですが、それでも快適に過ごせるならと愛用しています。
手足に関しては今もとても悩んでいます。本を読むにもハンカチを持ちながら、そして靴下も一年中履いています。
ボトックスなどの注射を試してみようかと美容整形外科のホームページを色々見ておりますが、脇に比べて価格が高く、効果も半年程とのことで躊躇しています。
何か効果的な方法はないかと思い悩みながら過ごす毎日です。

女性
女性
幼い頃から手汗がひどく、暑くなくても緊張していなくても、一度でも手汗をかいてしまうとずっとべたべたしている状態であり、時には水滴が生じて手首まで汗が流れ落ちる状態であり、
テストなどで文字を書く際も、運転免許を取る際も、レジバイトをする際も支障が出ており、汗かきでは済まされるレベルではないと思っていた時に、
ネットで自分と似た症状の人を知り皮膚科に行くことで、医師に手掌多汗症のレベル2程度だと診断されたことがあります。

手術は怖いので断念し、ボトックス注射は予算のため諦め、ミョウバン水を試しましたが効果はなく、塩化アルミニウム水溶液の効果はそこまで得られなかったのですが、
数年前にパースピレックスローションというモノをネットで発見し、それを現在まで使用し続けていることで、手汗の完治とまではいきませんが、レベル1程度の手汗に量が軽減しています。

女性
女性
緊張をしたときや焦った時、手のひらに大量の汗をかきテスト用紙や大切な資料にシミをができてしまうことが多々ありました。
自分の心理状態や気温によっても違うのですが、周りの人に見られたらどうしようと思うと更に汗が出てドキドキしてくるのです。
このことがずっとコンプレックスでした。

ある日インターネットを使っていた時に、自分のこの汗が手掌多汗症という病気であることを知り治療ができることがわかりました。
それで手術ができる病院に行って診察を受け、手術をしたのです。
内視鏡を使った手術だったこともあり、入院の必要はなく15分程度で完了しました。
このおかげで、今は汗で出なくなり恥ずかしい思いをすることもなくなりました。
保険適用だったので費用もそれほどかからず、良かったです。

男性
男性
私は多汗症で手のひらや脇の下が汗でびしょびしょになってました。
こういう体質なのかと思っていたのですが、あまりに酷いので病院に診察に行きましたところ多汗症と診断されました。

酷い場合は開胸手術が必要とのことでしたが、私の場合は、内視鏡で10分ぐらいで終わりました。
もっと早く手術しとけばよかったと後悔してます。
診察にいくまでは多汗症なんて病気は知りませんでした。

しかし不思議に顔は汗を全くかきませんでした。
とにかく脇汗が酷くYシャツにスーツの日はスーツを脱ぐとすぐにわかるぐらい汗をかいてました。
今ではすっかり完治してます。

最近は内視鏡手術でほとんど治るそうです。
皆さんももしかして私も僕もと思ったらすぐに病院に行くことをお薦めします。

男性
男性
私は、今もなお多汗症と闘っています。
私が多汗症だな!と気がついたのは高校生の頃でした。

それまでは普通の汗っかきだなぁとしか思わないレベルだったのですが、高校生になり脇汗がすごく目立つようになりました。
脇とゆう場所なのですごく恥ずかしかったです。

高校の指定のカッターシャツは白色だったので、汗が周りの人にばれたりして、すごく笑われたり、しました。
しかし、どうしようもありませんでした。

病院に行くお金なんてないし、スプレーや
クリームなどもネットで調べて出来ることは
ほとんどやってみましたが、脇汗は全く止まりません。

それでも開き直ってそのままにするなんてことは出来ませんでした。
そこでネットを見ていたら脇汗や多汗症の人には精神的な要素も大きく作用すると書いていたので、
汗が目立たないシャツを着ればいいんだ!とゆうことになり、探し回りました、ナイロン、ポリエステル、
色々試して、しかしそれでもなおかつお洒落なものを、するとどれだけ汗をかいても目立たないとゆうこともあってか
全く汗をかかないわけではないが、以前よりはかなり汗の量が減った。
すごく嬉しかった。

未だにシャツの色や素材にはこだわるが
以前よりは快適に暮らせている。

どうか、同じ悩みを持つ人に。
大丈夫。君だけじゃないと言いたい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です