目の病気

網膜剥離を患った方の体験談

男性
男性
私は網膜剥離になった時、目の前が何も見えなくなったらどうしようと思う心との恐怖との戦いでした。今は完治しているので、網膜剥離になる前の前兆があったのでそれをご紹介していきたいと思います。網膜剥離にになられた方なら体験したことある方が多いのではないのかなと思うのですが、虫みたいなものがたくさん飛んで見える時があるかと思われます。もし、今このような症状になっているのであれば、早めに病院に行くべきです。早めに気がつき軽度であればレーザー治療などで治ることもありますが、もし私みたいに重度の網膜剥離になってしまうと手術しなければいけません。目が見えなくなってしまうかもしれないという恐怖との戦いを皆さんにはして欲しくありません。ぜひ違和感があれば早めの検診をお勧めいたします。
女性
女性
私は「未熟児網膜症」という眼の病気があります。右眼が網膜剥離になったのは34歳の時ですが、未熟児網膜症があると網膜剥離を起こしやすいそうです。ある日突然、急に視野が暗くなり、「見えにくいな」と思いましたが目は痛くも痒くもありませんでした。
12月20日の年末に煮えにくさから眼科を受診して、網膜剥離だと診断され入院・手術になりました。病室は大部屋が空いていなくて個室になりました。主治医の先生から「今はお金のことを言っている場合じゃないから、個室でも仕方ないね」と言われました。入院は10日間でした。手術は「痛かった」の一言です。
入院中はうつ伏せでずっと過ごしているのが辛かったです。寝返りができたり、好きなようにゴロゴロ身体の向きを変えられるって幸せなんだな、と思いました。
男性
男性
網膜剥離というキーワードはよくプロボクサーがテレビ番組で語られていることが多く、自分自身には関係ない物だと思っていました。なにも知らず生活していたのですが、いつの頃からが、いろんなものを見ている時にゴミが飛んで見えるようになりました。最初は目が疲れていると思い、睡眠を多めに取ったり、目薬をさしたりしましたが一向に改善することはありませんでした。友人の言われて総合病院の眼科で診てもらったところ、網膜剥離であると告げられました。早速、手術を含めた治療方法の相談がありました。最終的検査の結果、「裂孔原性網膜剥離」であると判断されました。手術方法は目の眼球に手術器具を差し込んで手術すると言われ、怖くて居られませんでした。しかし、手術当日は部分麻酔をするためほ痛みもなく無事終了しました。手術も大変でしたが、術後にうつ伏せで生活しないといけないのが大変苦痛でした。約3週間の入院で退院することができました。以前のようなゴミが飛んでいるようなこともなくなり正常に目に回復することでが出来ました。目は生きていく上で必ず必要なもので、今後もなにか異常があればすぐに眼科で診察してもらうようにしたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です