肺の病気

肺高血圧症になったことのある方の体験談

男性
男性
私にはもうすぐ二十歳になる息子がおります。
息子は乳児期から高校まで水泳を続けていました。週に5回、スイミングクラブに通っていたんですが‥‥
ある日「少し泳いだだけでくるしくなる」と訴えがあったんです。

普段とは体の調子が違うと言われ、本人から病院に連れて行ってほしいとも頼まれての受診でした。
最初、肺炎を疑われつつ、総合病院へ。検査の結果、肺高血圧症と診断されました。
そこでまさか肺高血圧症と言われるとは。どのような病気なのかもさっぱりわからず、親子で主治医の説明を受けながら、ステロイド治療を受け、今は普通に生活が送れています。

目が悪い人はメガネをかけて生活を送るように、息子は薬を服用しながら普通に生活が送れる。
普通のありがたさを感じる生活を今は送っています。

ただ、もし、総合病院で精密検査を受けていなかったら‥‥治療は確実に遅れていたと思いますし、戸惑いの日々を送っていたと思います。

女性
女性
現在肺高血圧症を患っています。
発覚したきっかけは血圧はやや高いだけなのに、脈拍が異常に高かったことと、血行不良による右背中のしびれ、軽いけど長く続くセキでした。
通常の健康診断で受ける心電図や血液検査、胸部レントゲンだけでは見過ごされていたらしく、心臓MRI検査と心エコーで見つかりました。
幸い初期だったので手術の必要はなく、現在は投薬治療と食事療法で経過を観察中です。
右背中のしびれだけでピンと来てくれた主治医に、心から感謝しています。

もともと太めで中性脂肪や血糖値も高かったのですが、肺高血圧症が発覚してからは心臓と肺に負担をかけないように減量しました。
病気が進行すると手術が必要なので、疑わしい人はできる限り早く検査することをおすすめします。
闘病は辛いですが、初期発見で運が良かったのだとポジティブに考えて完治を目指していこうと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です