腎臓の病気

腎臓がんを患った方の体験談

腎臓がんを患ってしまった方の体験談です。

男性
男性
会社で健康診断があった。検査の結果、腹部エコー検査をすることになった。その結果、肝臓に癌があることが分かった。とてもショックだった。僕は酒もタバコもドラックもやらない。それなのに癌になってしまった。当時はステージ1でした。ステージ1でも癌になってしまったことがショックだった。癌になったからといって、必ず死ぬわけではない。癌が治る場合もある。そう自分に言い聞かせた。私は強迫性障害も患っている。この病気を簡単に言えば、心配性である。凄まじい不安の波が襲ってくる。癌が転移したらどうしようと考えてしまう。いろいろな治療法を試した。抗がん剤による治療を行った。抗がん剤は100種類以上ある。その中で、医師の方が一つ選んでくれた。そんなにお金がかからない抗がん剤である。副作用はツライが、頑張っていきたい。
女性
女性
闘病中はずっとふしぶしの痛みがありました。癌は辛いと思っていましたが辛いというよりも痛いというのが一番の印象です。闘病中はずっとマッサージを受けていました。あまりの傷みで歩くのも大変でした。早期発見だったので一回の手術で済ませることが出来ました。1か月未満で退院することが出来ました。治るまでは薬と点滴を使用して体調の安定を図っていました。点滴は毎日2回も打ちました。食事は点滴からの投与だったので元気なのに食事をとれないというむなしさがありました。それに耐えるのがすごく大変でした。でもリハビリでは病院内をウォーキングをしたり体を動かすことを重点的にやりました。2か月後には職場復帰することが出来ました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です