耳・鼻の病気

難聴を患った方の体験談(原因から治療、完治まで)

女性
女性
私は現在も生まれつきの左耳難聴を患っております。
一番最初に「可笑しいな」と思い始めたのは中学の頃でした。

今思えば、幼稚園の頃から耳は聴こえていなかったと思います。
幼稚園の頃以前からもずっと、家での耳掃除をする際にどうしても左耳の中だけ痛くて綿棒ですら苦痛に感じていました。

父親が私の為にと様々な耳掃除の道具を買い付けては試みてくれていましたが私にとっては全て苦痛に感じるだけでした。
当然、家族も私も誰も一切「難聴なのでは」等と思っていなかった為、私が偶に声や音を聴き取れず、

名前を呼ばれても振り返らない時ですらよくあるものだと思い込んでいたので私も「これが普通」だと思っていました。
小学校の過程を経て中学へ上がり、近所の耳鼻科の先生が評判だと噂で聞いたので母親と共に試しのつもりで受診してみる事になりました。
その頃には学校の健康診断等で毎回行われる聴覚の検査で毎回左だけ音が聴こえない現状があった為に、頭の片隅では難聴の可能性を感じていました。

しかしその行った先の耳鼻科では原因不明だった為、紹介状を貰って少し大きな病院に行き再度検査を行いました。
いつもの音を聴きとる検査ではなく、耳の中に波動のようなものを流して耳が音を感じ取っているかの検査だった為、
明らかに左耳だけ何も捉えていない結果で今まで曖昧だった可能性が確信に変わりました。

幾つか問診を受けましたが、突発性難聴はおたふくにかかったことのある方がなりやすいようですが
私は幼い頃にもかかったことが無いのでまず突発性難聴の可能性は低く、生まれつき難聴の診断を受けました。

難聴は矢張り不便です。
学校や仕事中に話しかけられるとどうしても反応が遅れるか全く無反応なので無視なのかと問われることもしばしば有ります。
ですが今更治るものでも無いので初対面の方には私が難聴だということを自ら明かしています。
それが自分なのですから、恥じない生き方をしたいです。

女性
女性
仕事がとても忙しくて、心身ともに思うように休息や睡眠をとれなかったとき、ある日突然発症しました。
ザー、という耳鳴りがしばらく続き、そのあと左の耳がふたをされているかのようにほとんど聞こえなくなりました。

1時間ほどするといつの間にか治っているのですが、一日に4~5回同じような症状に見舞われました。
偶然にも、発症する2週間ほど前にテレビ番組で難聴の特集を放送していて、その放送で私の症状と同じものがあったことを思い出し、
テレビで言われた通りすぐに耳鼻科に行きました。

聴力検査と問診の結果、「感音性低音難聴」であることが分かりました。
幸い、薬とビタミン剤で治すことができるとのことでした。
原因はストレスでしょう、と言われてとても納得でした。
処方されたものを飲み、医師に言われた通りストレスをためないよう、ゆっくり過ごしました。
その結果、無事に治すことができました。

あれから4年経ちましたが、その間に同じような症状が出かかったことがあります。
そんな時は野菜やサプリメントでビタミンをしっかりとって、早目に寝るようにすると次の日にきちんと回復しています。
心や体に疲れがたまった時には、無理をせずに自分をいたわることで再発を防いでいます。

女性
女性
昨年突如としてなりました。夜に右耳だけぼわーんとしか聞こえなくなり気持ち悪い感じに。
かなり焦って翌朝すぐに耳鼻咽喉科へ行きました。聴覚検査をしたところなんと問題なしでした。

耳の中も見てもらいましたが全く異常なしでストレス性な一時的なものと診断を受けました。
一週間様子を見てと言われました。
しかし一週間たっても右耳はぼわーん聞こえたままで。

このまま治らなかったらどうしようと余計に不安になってしまいました。
他の耳鼻咽喉科にセカンドオピニオンとして行きましたが、全く同じ診断でした。
出来るだけリラックスしてと言われました。
それから二週間ぐらいして次第にぼわーんが聞こえなくなり徐々に聞こえる様になりました。
一体なんだったんだと思いますが、またなったらどうしようと今だに不安になります。

女性
女性
私が難聴をわずらったのは、20代後半でした。
仕事でもストレスが多くて、お客様とのやりとりに疲弊していた時でした。

身体的肉体的にもボロボロだったと思います。
そんなときに、何となく耳が聞こえづらいな~と感じていましたが、ある朝、左耳の聴力がほとんど機能していないことに気付きました。
慌てて病院に行った所、突発性難聴の診断。原因は不明ですが、ストレスが大きいとのこと。

難聴の治療はストロイド治療が主でした。
仕事や10日ほど休んで1週間、毎日のように点滴をしました。
気付いたのも早かったせいか、1週間の治療でかなり改善しました。
その後は、耳の血流をよくするため、簡単なマッサージを続けることで、1ヶ月でほとんど改善しました。
私はかなりラッキーなケースだと思います。友人はまだ良くならず治療が続いています。

女性
女性
難聴患ったきっかけは、職場がタワーマンションの高層階で毎日2階の高速エレベーターを使っての登り下りでした。
身体の丈夫な方は何でもないことかもしれませんが、出勤、昼食、退社で繰り返し登り降りをしているうちに、耳の閉塞感と聞こえずらさが
症状になり受診しました。

診断結果は突発性難聴との診断でした。

原因は気圧の高いところからの低いところへの繰り返しが、
鼓膜に負担をかけて、後は仕事のストレスや諸々な事といわれました。
幸い、早めに受診したおかげで、通院と投薬でだいぶ症状の改善がされました。
あとは、この症状が出てきたころに丁度、会社先が変わり、高層タワーのオフィスでなくなったのが一番の改善理由だとおもいます。

女性
女性
突発性難聴を今現在も患っています。
元々、音楽制作などに携わる事が多く耳を使う事が多く音量も大きな状態で音楽を聴く事があったせいか負担はとてもかかっていたのだと思います。

ですがそれとは別に私生活などでストレスを抱える事が多くその状態が長く続いていて、
片耳が小さな音に対してでも『バリバリ』という音が聞こえるようになってきて違和感を感じていました。
そのまま特に気にせずに生活してたら急に水が耳に入ったかのような感じになり耳鼻科に行って診察を受けたら突発性難聴と診断されました。
特に対処法がないとの事だったので薬などは処方されてません。
とりあえずは安静にしておく事を薦められたのであまり大きな音やストレスなどを感じないようにして耳への負担を軽減するように心掛けてます。

女性
女性
私は幼少のころ、母親が話しかけても反応しないことが時々あったそうで
父親が「耳が聞こえていないのでは」と思って国立医療センターの耳鼻咽喉科を受診し、両耳とも「高度感音難聴」と診断されました。

原因は今もって分かっておらず4歳のときから両耳に補聴器をつけ始め、
高校を卒業する年に「人工内耳」のことを知り、手術をすることで、聞こえが良くなる可能性があると知って、
駄目でもともとという気持ちで病院を受診しました。

内耳や聴神経に異常があるために起こる感音難聴は、内耳の蝸牛(かぎゅう)という音を感じる部位が機能しなくなっているので、
音を大きくする補聴器ではよく聞き取れないということがあり、主治医の先生の話では、
人工内耳は内耳を直接電極で刺激して音を伝えるしくみで、補聴器よりも理にかなった方法だそうで「高度感音難聴」には効果があると話してくれ手術を受けました。

手術後は、入ってくる音の幅が広がり、補聴器では拾えなかった、雨が傘や屋根に当たる雨音が聞こえるようになりましたが、
言葉の聞き取りは、人工内耳を使い始めたからといって、急によくなるわけでは無く、
人工内耳の調整を繰り返して行くことで聞ける内容が増えていき、初めは何も分からない状態でしたが、
徐々に様々な音や会話を聞いていくうちに、だんだんと聞こえることが増えてきたように思います。

女性
女性
仕事での精神的ストレスでミスや残業も続いていた頃に突然発作が現れました。
最初はただの耳づまりだと思っていたのですが、それに加え通勤電車でのめまいやふらつきが始まりました。
病院での検査結果でメニエール病と診断されてからは上司や同僚に打ち明け投薬と体調が悪い時は
出社時間を遅らせるなどの待遇をお願してストレスを感じたりする事を減らしながら
少しづつですが3ヶ月くらいかけて薬を服用しなくても日常生活に支障がないくらいまで回復しました。

数年間症状がなかったのですが、昨年転職をきっかけに慣れない職場での強いストレスから再び再発してしまいました。
今回はめまいやふらつきの症状がほとんどなく、以前より砂嵐のような耳鳴りが強く電話の相手の声が聞こえないのと
普通の声で呼ばれても聞こえないので反応出来ない程耳が聞こえなくなりました。

やはり投薬にて症状は治まりましたが、このような体質なので無理をせず周囲にも自分の病気を打ち明けて
理解を得ながら職務に励んでいます。

男性
男性
突発性の難聴を患った時は突然襲って来た目眩で歩行障害まできたす程の強い目眩に襲われて救急車に乗り運ばれて難聴だと宣告されて気づきました。
強い目眩だった為、普段経験した事のないよな床と天井が反転するようなバランス感覚もおかしくなり
歩くのも困難なくらいでした。

救急車で運ばれて治療していただきましたが、
直ぐには良くならず毎日お薬を服用してお仕事も休み治療に専念する日々が続いて大変でした。

あまり酷い目眩の時には近くのかかりつけの耳鼻科に行き
目眩の注射を打ちに通ったりしました。治るまでには個人差があると説明されましたが、私の場合治療は長い期間必要でした。

強い目眩で運ばれて難聴とわかりましたが
思い出すと耳の聞こえが片耳だけ悪いとゆう症状はあったので
難聴になると耳が聞こえにくいとゆう症状に早く気付いていたら
早めに難聴とわかっていたかも知れないと思いました。

女性
女性
仕事でストレスを感じるようになり、ある時から急に耳鳴りがし始めました。

片方だけ耳がぐっと詰まった感覚に襲われて、少し怖くなりました。
ネットで調べると突発性難聴かもしれないということでした。

しばらく経っても聴力に問題はなかったため、病院へは行かずに過ごしていたのですが、また再度耳が片方だけ詰まった感覚になりました。
その際に耳鳴りが起こり、すぐに仕事を辞めて療養しました。

そこから聴力は変わらなかったので病院へは行きませんでしたが、以前と比べて耳鳴りの頻度は増えました。
今は仕事をしていないので、ストレスもないからか、そのような症状は出なくなりました。
もしあのまま仕事を続けていたら、もっと悪化していたかもしれません。

男性
男性
6歳の頃塀から落ちて頭の中の骨を折り
それ以来、右耳のみ難聴になりました。

自分の場合、左耳は普通に聞こえる状態でしたので、
私生活で不便に感じることは少なかったと思います。

友人や家族と歩きながら喋ったりする時
右側に立たれて話されても聞こえないので
一々移動したり相手に気を使わせてしまうので
心苦しかった。

嫌だったことは
子供の頃席替えの時自分だけ同じ席だったり
遊ぶ時間を減らして病院に通わされる事
あと、
片耳難聴になる前は平気だったのですが
車に乗ると10分も乗ると気持ち悪くなり、
よく吐くようになりました。

最近は、
ヘッドホンやイヤホンで映画を見ていたり、
ゲームをしていても
片耳だけ聞こえないので、
主人公が1人でに喋り出したと思ったら
右側のイヤホンからのみ
別の人物の声が聞こえてきていたりした時
イラッといます。

女性
女性
ある日いつも通りに仕事をしていると、夕方突然片耳が聞こえにくくなってしまいました。
CDデッキで音楽を鳴らしており、音量調整をしようとしましたが、(あれ?聞こえにくいぞ、なんでだろう)と違和感を感じましたがすぐ戻るだろうと思い帰宅しました。

夕食をとり、お風呂に入り、上がった後更に片耳が聞こえにくくなり気分も悪くなっていきました。
その日は疲れかなあ、と思いいつもより早く寝て様子を見ることにしました。

次の日、朝目覚めるとめまいも伴いフラフラして真っ直ぐ歩くのが難しく仕事をお休みしました。
心配になったので、インターネットで片耳聞こえにくい、と検索して難聴というキーワードがでたので耳鼻科を受診することにしました。
耳の聞こえの検査をしてもらうと片耳の聞こえが悪く「難聴」と診断されました。

プレドニン、ビタミン剤、血流をよくする薬を出してもらいストレスを溜めない様に注意してと言われました。
薬を飲み1週間以上すると耳の聞こえがよくなってきたので安心しましたが、義親との同居がストレスだった様で同居が終わるまで難聴を繰り返しました。
今は別居しており難聴も落ち着いてます。

女性
女性
体調を崩して療養中に突然左耳が遠くなりました。
はじめは難聴という自覚がなく、きっと体調や気圧のせいで、そのうち治るだろうと思っていたのです。

ところがしばらく経っても聴力は戻らず、やっと難聴だと気づくに至りました。
食事に際してはご飯茶碗を持つこともできず、ペットボトルの蓋も開けられないほど体力が落ちていた頃です。

耳鼻科に診察を受けに行く気力はなく、その後も病院にはかかっていません。
右耳は聞こえても以前の感覚とはまったく違います。
音が混在する場所が不快に感じるようになり、病院の待合室にいることすら苦痛になってしまったのも理由の一つです。

親も難聴だったので、時間が経つほど治療が難しくなることは知っていました。
ましてや診察すら受けていないのですから治るはずもありません。
ただ更年期の症状を抑える薬を服用していて、それが効いている間は不快感が和らぐこともあります。
私のようにならないためにも、病院に行ける人には少しでも早く診察を受け、治療することを強くお勧めしたいです。

女性
女性
当時25歳とまだ若くて普通に生活してましたがたまに耳鳴りのような耳の奥でゴォーというような雑音のようなものがあり、
痛みはなかったのですがプールに入ったあと水が耳の中に入って違和感がずっとあるようなそんな症状も出だしたので
耳鼻科にいかないとダメなのかなと自覚しだして受診したところ、あなたは低音難聴の疑いがありますと言われました、

正直自覚はありませんでした。

高齢者の方に多いものではないのかという考えかたしか頭になかったので気づくのも遅く
そこまで気にしてなかったため病院に受診するのも遅く治療にはそこそこ時間がかかりました。

ホルモンバランスの乱れやストレスも原因だそうです。
耳鼻科に通いながら半年をかけて漢方の内服薬をいただき回復したのでホッとしたのを覚えています。

女性
女性
大学を卒業して食料品関係の会社に就職したときのことです。
就職と同時に一人暮らしを始めました。

もともと料理や掃除などの家事は好きなタイプでしたが、仕事が忙しく家事も思うように進まずイライラしていました。

また仕事は営業職で新入社員であってもノルマがありました。直属の上司は理解があって優しくしていただいたのですが、私の指導係の方が厳しかったです。
私の営業成績が悪いと一緒に外回りをしていても無視をしたり罵倒してきたりする方でしたので、気づかないうちにストレスを溜めていたようです。

営業先でいつものように話していると、急に頭痛がして目が回り始めました。今までめまいはしたことがなく、立っているだけで世界がぐるぐる回って驚きました。
それでも続けて話していると、急に意識がなくなり、目が覚めたときには病院のベッドの上でした。
過労とストレスが溜まった結果、倒れてしまったようで「突発性難聴」「メニエール病」と診断されました。

確かに倒れる数日前から聞こえにくい感じはありましたが、仕事を優先していたため病院に行くことができませんでした。
数日間入院して点滴治療を行ってもらい、退院後もしばらく薬を飲み続けたところ、幸いなことに体調は回復し難聴も治りました。
営業先で倒れたので、上司や先輩も仕事量に考慮していただけるようになり、それからは発症しておらず聞こえも元に戻っています。

女性
女性
もともと耳鼻が弱かった私。風邪を引き仕事を休めず病院に行くのが遅くなったことが発症の原因でした。
いつも右耳がモワンとして聞こえが悪くなり、時々耳鳴りもしました。
風邪が良くなれば治るだろう位にしか思っていなかったのですが…

風邪症状がなくなってからも聞こえは良くなりませんでした。

耳鼻科に行き聴力検査もしましたが、ある一定の高さの音になると聞こえづらくなっているとのこと。
薬をもらって飲みましたが治りませんでした。そこでいくつかの病院を回りましたが、結果は同じ。そんなことを繰り返し1年近くになってしまいました。

最後に知人に紹介したもらった耳鼻科医の先生の所に行きました。
様々な検査をして、ステロイドの強い薬を出してもらうと、すぐに耳のモヤモヤがなくなり、聴力検査でも異常なしに!

先生によって見立てが違うので、セカンドオピニオンは大事だな~と思いました。

女性
女性
出産後して2週間経過した頃からです。突然朝、子供の授乳中になんだか耳が聞こえづらいなと感じました。
2人目の出産で、上の子を見ながら下の子も昼夜問わず授乳が必要だったので今思えばだいぶストレスを抱えていたのだと思います。
難聴は例えるとトンネルの中にいるような感じです。人混みではとてもうるさく感じました。

私の場合は低音がとても大きく聞こえてしまう感じでした。
あまり最初は気にしていなかったのですが、周囲の勧めもあり発症してから1ヶ月以上経過して耳鼻科にかかりました。

2種類の検査をして突発性難聴と診断されました。薬を処方され服用していましたが、
体に合わず自己判断で途中で服用をやめてしまいました。
その後は病院にはかからなかったですが、2ヶ月を過ぎたくらいに気がついたら自然と治癒していました。

男性
男性
元々立ちくらみや目眩などはした経験がなかったです。
少年時代からキーンと聴力検査の時に聴こえるような音はたまにしていましたが、
それは一般的に皆なるものだろう、聴こえているものだと思いました。

35歳を過ぎてから身体にガタが来はじめたので、耳鳴りもするとは言っても気にしていなかったのですが、
43の時に新店でポップをつけている時に視線?顔を上げた瞬間に耳鳴りと目眩いがして脚立が落ちて怪我をしたて、
出張先の病院で検査をしてメニエール病の疑いがあり、ということで治療薬を出してもらいました。

で地元に戻って治療を続けて目眩いや吐き気は治まったのですが、心配で脳神経外科まで行って脳ドックまで受けることになりました。

脳にはなにもなくてひと安心ですし、一応メニエール病自体は治っているはずなのですが、雨が降っていたりするとキーンという音ははっきり聞こえます。
結局これに関しては心配ないでしょうと言われるだけで具体的な理由もわからないですし、
気象病と疑われたこともありますが、天気のいい日にもなるので全く原因がわからず、将来突発性難聴になったりしないか心配です。
自分の父親は突発性難聴になってドクターショッピングしていました。

当時は頭がおかしいんでは?と思っていたものですが、その気持ちも今なら多少わかるかなと思います。

女性
女性
騒音性難聴になり、今も左右共に高音域、低音域がききとりづらい状態のままです。
バンドをやっていたりライブに行くことが好きだったので長時間大きい音をきいたためにそのダメージで難聴になりました。

しばらく耳鳴りがひどく、自分の声が大きく聞こえて周りの音がほぼ聞こえない状態が続いていましたが病院に行った後薬を処方されてそれをしばらく飲み続けていたら、日常生活では問題ないレベルにまでなりました。

それでも以前よりは聞き取れないことが多く、会話でも聞き間違いをしてしまったり特に電話になると聞き取れないことが多いです。
とくに低音域がダメなようで低い声の男性は上手く聞き取れないことが多く、困っています。
それでも全く聞けないレベルではないのでなんとか付き合っていくしかないかなと思ってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です